腎臓結石とは?


カルシウムやマグネシウムといったミネラルは、人体にとっては必要不可欠なミネラルの一つです。

しかし、これらのミネラルが腎臓で石の塊となってしまう病気が、「腎臓結石」と呼ばれるものです。

結石は腎臓結石のほかに、腎杯結石や腎盂結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石などが挙げられます。


腎臓結石とは?







腎臓結石の原因

腎臓結石が出来る原因としては・・・

 ・食生活の乱れ
 ・食塩や動物性たんぱく質、ビタミンCの摂取過多
 ・就寝前の食事
 ・うつ伏せで眠る事が多い


などが挙げられます。

はっきりとした原因は、今のところ解明されていませんが、食生活の乱れや偏り、味の濃い食事といったものは、他の疾病の原因ともなりますので、注意が必要となるでしょう。

腎臓結石の原因

腎臓結石の痛みと症状

腎臓結石の症状は、結石の大きさや、結石のできた場所によって違ってきます。

腎臓結石が疑われる症状としては・・・

 ・頻尿(1日に10回以上トイレに行くなど)
 ・血尿


痛みの度合いですが、腎臓結石の場合は大して痛みを感じる事が無い場合が多くありますが、この結石が下降して膀胱の尿管あたりにくると、腎盂の痙攣による激痛や、尿路結石の場合にも激痛を伴うことがあるようです。

この痛みは、背中やわき腹、下腹部といった場所に多く見られることがあり、実際にはあまりの激痛にどこが痛むのかがよく分からないという方もおられるようです。

そこまで痛みがひどくなってしまう前に治療してしまった方がいいでしょう。

腎臓結石の痛みと症状

腎臓結石の予防

腎臓結石は、非常に再発しやすい病気と言われています。

予防法として、毎日の食事から出来ることは・・・

 ・シュウ酸を摂取しすぎない
 ・十分な水分を毎日摂る
 ・カルシウムを十分に摂取する
 ・動物性たんぱく質の摂取を控えめにする
 ・塩分を摂りすぎず野菜や海草、青魚を積極的に取り入れる


これらは、他の病気を発症させない為にも効果的であると言えるものばかりなので、一度トライされてみてはいかがですか。

特に、近年の傾向としては青魚を昔ほど食べなくなったとか、野菜不足がテレビやマスコミでも報道されるようになってきたほどですし、丁度良い機会だと思って、ぜひ試してみてください。

腎臓結石の予防

治療・治療法

腎臓結石は、身体のある部分に結石と呼ばれる、砂利くらいの大きさの石ができてしまう病気です。

これは、およそ10mm未満の大きさであれば自然排出されるのですが、10mmを超えてしまうと自然排出されることが無くなってしまいますので、手術での摘出が必要となります。

近年、この症状の手術法として、「衝撃波結石破砕術」という方法が使われることが多くなっているみたいです。

なにかのゲームの必殺技みたいな名前ですが、この方法での治療だと、切開が必要なく、日帰り手術もできるみたいですよ。

切開をしないで、その上日帰りが出来るのであれば、仕事や家庭にも支障をあまり出さずにできるので、もしも結石の手術を受けられるのであれば、「体外衝撃波結石破砕術で出来ませんか?」と聞いてみるのもいいかもしれませんね。

この治療法は、肝臓にできる胆石の治療法としても活躍しているようです。

治療・治療法

腎臓結石の手術

昔は行腎盂切石術という手術で、切開をして取り出されていた結石も、今では体外からも除去できるようになってきました。

現在の主な手術法としては・・・

 ・内視鏡手術
 ・体外衝撃波結石破砕術


この2種類のどちらかではないでしょうか。

どちらも、およそ30分〜2時間程度で終わり、入院の必要は無く、日帰りが可能な治療法となります。

何度聞いても何かの必殺技にしか聞こえない治療法ですが、肝臓の胆石の治療にも活躍しているようですので、胆石の治療をされる方も、一度試されてみてはいかがでしょう?

腎臓結石の手術

腎盂炎

腎盂炎とは、膀胱炎の延長線上にある病気です。

腎盂炎の原因としては・・・

 ・尿路や尿道に微生物の大量繁殖
 ・尿の量の不足


などが挙げられます。

またこれらの微生物は、尿路を遡り、腎臓全体に影響が及ぼすこともあり、腎臓結石を患われている方は、腎盂炎の発症率が高いという統計もあるようです。

また、腎盂炎の痛みはかなりのものだと聞きます。

そこまでひどくなってしまう前に、早めに治療して楽になりましょう。

腎盂炎

血尿

尿に血液が混ざって出てくることを、「血尿」と言います。

血尿には、大きく分けて3種類あります。

 ・初めだけ血が混ざる場合
 ・最後にだけ混ざる場合
 ・尿が全て血と混ざっている場合


この3つ目の、最初から最後まで血が混ざった尿が出る場合は、腎臓結石の疑いが考えられるので要注意です。

ストレスからも血尿が出るようなので、気をつけておきましょう。

ストレスの対策としては、趣味の世界に没頭する時間を作ったり、たまには外に出て思いっきりスポーツなどで汗を流すなどして、個々の無理のない範囲内でうまく解消していきましょう。

血尿

腰痛

腎臓結石にかかると、嘔吐や頻尿、または身体に激痛を伴い、歩くこともままならなくなる場合もあります。

腎臓結石による痛みの場所は、結石のできた場所にもよりますが、わき腹から腰にかけてのことが多いようです。

また激しい腰痛を伴う場合、動くこともままならなくなってしまい、救急車で運ばれることもよくあるようです。

腎臓結石による腰痛の特徴は、せきやくしゃみをした時に腰に響く様な痛みで、急に起こるといった点ですので、急な腰痛を感じた場合には気をつけたほうがいいかもしれません。

腰椎椎間板ヘルニアや、ぎっくり腰といったものも、突然腰に痛みが襲ってくるものではありますが、これは内臓の病気ではありませんので、形成外科などできちんと治療してもらうようにしましょう。

腰痛

排尿痛

排尿する際に、痛みを感じることがありますが、これを「排尿痛」と呼びます。

淋疾やクラミジアによる膀胱炎や尿道炎などの尿路の病気や、女性の場合、間質性膀胱炎、カンジダ、接触性皮膚炎や外陰炎、尿道炎、男性の場合ですと前立腺炎なども、排尿痛の原因となることがあります。

腎臓結石の場合は、排尿痛はそれほど大きくないが、わき腹や下腹部に激痛が走り、歩けなくなるといった場合もあります。

排尿時の痛みは結構つらいので、早めに治してしまいましょう。

排尿痛



Copyright(C) 2010 【腎臓結石治療ナビ】〜腎臓結石の症状と原因〜 Allrights reserved.